救いに関して



キリストにあって神は人に完全無欠な救いを与えてくださいました。この完全な救いは私たちの全存在ー霊、魂、体を含みます。神の救いにおいて、人の霊は再生され、魂は造り変えられつつあり、体は栄光化されるでしょう。 

救われるために、人は神の御子イエス・キリストというお方と彼のみわざとの中に生きた信仰を持たなければなりません。真正に救われたあらゆる人は、聖書が「共通の信仰」(common faith テトス1:4)と呼んでいるものを持っています。それは、わたしたちが救われるために信じなければならないものすべてを含んでいます。わたしたちは聖書が全く神の霊感による完全で神聖な啓示であることを信じなければなりません。すなわち唯一の三一の神 ―父、子、その霊― がおられること、イエス・キリストは人となるために受肉された神の御子であること、キリストはわたしたちのもろもろの罪のために十字架の上で死なれ、わたしたちの贖いのために血を流されたこと、三日目に肉体を持って死人の中から復活されたこと、彼は神の右に上げられて万物の主とされたこと、彼はご自身のものたちのために再び来られ、彼の王国を地上に打ち建てようとしておられることです。 

永遠の救いは信仰を通し恵みによります。私たちの働きによるのではありません。救われるために人はイエス・キリストと生きた接触を持たなければなりません。こういうわけで未信者を救いにもたらすことにおいて、私たちは祈りと主の御名を呼ぶことを強調します。ローマ人への手紙第十章九節と十節は、人が救われるのには心で信じ、口で言い表さなければならないと言っています。 いったん人が救われると、彼は救いの確信と救いの保証との両方を持つでしょう。わたしたちはひとたび救われれば永遠に救われます。



                      戻る            TOP