談話室(ティータイム  

            
                人生の転機

   
    
    ジョン・ニュートン(1725〜1807)

かつては奴隷船の船長、後にイギリスの伝道者となり、有名な「アメイジング・グレイス」(驚くべき恵み)の作詞者です。

                  

 ニュートンは、1725年にロンドンで生まれました。彼の父親は船乗りで、ほとんど家にいませんでした。子供たちを育てる責任は、敬虔で愛情深いクリスチャンの母親の肩にかかっていました。彼女はいつもジョンの手を取って、神の前にひざまずいて祈り、自分を主にささげるように導きました。そして彼に聖書を読み、賛美歌を暗誦することを教えました。彼が7歳の時、母親は過労と病気のために亡くなりました。そのような打撃によって、少年の心はかたくなになりました。11歳の時にいじめに遭い、学校を止め、父親について海へ出ました。彼は20年以上もの間、流浪の放浪者として過ごしました。初めは、船乗りの生活をしましたが、放蕩の生活、酒と賭け事の日々でした。彼は何度も福音を聞きました。それを聞くたびに、彼は愛する母親の顔と教えを思い出し、心が刺されました。しかし、彼は邪悪な生活から抜け出せませんでした。その後、彼はアフリカに行って、奴隷貿易に携わりました。激しい喧嘩が起こり、その結果、今度は彼が奴隷として売られました。彼は苦しみ、悩みました。心の悩みと身体の苦しみから逃亡しましたが、彼を待ち受けていたのは、さらに多くの鞭打ちと投獄で、死ぬような思いをしました。幸いに父の友人であった親切な船長に助けられ、本国に帰ることになりました。しかし、その航海の途上、大西洋上で恐ろしい大暴風雨に巻き込まれ、浸水して、沈没するばかりでした。彼は必死に神のあわれみを求め、悔い改めて、信仰に立ち帰ったのです。

 その後も彼の堕落の生活は改まらず、荒くれの奴隷船の船長にさえなっていましたが、やがて神の不思議な導きによって、クリスチャンの船長に出会い、母親から教えられた神に仕えるようになりました。1754年、当時の有名な伝道者、ジョン・ウェスレーやホィットフィールドの指導を受け、彼も主の働きをするようになりました。彼はすばらしい語学力があり、ギリシャ語やへブル語を学び、神に大いに用いられました。

      ジョン・ニュートンによる悔い改めの詩歌:

 
1.主よ、あなたは勝利され、ついにわたしは降伏しました。

大いなる恵みにより、わたしの心は迫られ、

すべてをあなたに明け渡します。

わたしは久しく、恐るべきあなたと争ってきました。

しかし、あなたの愛に抵抗できる者がいるでしょうか?

愛はわたしさえも征服します。

 

2.あなたが雷鳴をとどろかせ、

稲妻をひらめかせ、わたしの魂を萎えさせても、

わたしはなおもかたくなでした。

しかし、あわれみはわたしの心を和らげ、

血を流された救い主を、わたしは見ました。

今わたしは自分の罪を憎みます。

 

3.主よ、今わたしはあなただけのものです。

来て、わたしを所有してください。

あなたはわたしを自由にし

サタンの暴虐の手から解放してくださいました。

わたしは力の限りを尽くして、

あなたにお仕えする備えができています。

  

彼の墓碑には次のように刻まれています。

「ジョン・ニュートン、伝道者、

かつては罪深き放蕩の限りを尽くした無神論者で、

アフリカの奴隷貿易をした者が、主イエス・キリストの深き恵み

によって赦され、救われ、生まれ変わり、神のしもべとして福音を

宣べ伝える者となる」。

  

出典:日本福音書房 「恵のことば」第10号

 

                    TOPへ   過去の談話室へ