松戸に在る教会の沿革


 松戸に在る教会の起こりは、1980年夏頃から、分派、教派、組織、伝統、慣行が明らかに非聖書的であるゆえ、それを嫌う地元に在住のキリスト者たちが純粋に聖書の模範(エルサレムに在る教会、アンテオケに在る教会、コリントに在る教会:使徒行伝8章1節、13章1節、コリント人への第一の手紙第1章2節)に従い、地元に在って(都市に在って)一つである立場に立って集まるようになりました。
 統合機構、本部等の組織を持ちませんし、何一つ永久的な職位、組織化された指導権を持つ人もおりません。どんな階級制度も、法王のような「頭の代理人」(Subhead)も、「仲介者」(Intermediaries)も認めていません。聖徒たちは、みなお互いに兄弟姉妹と呼び合います
(マタイ福音書23章8〜10節)。


 

‘80年 8月:松戸市及び近郊に住む信者で「松戸に在る教会」発足。

        (集会所:松戸駅東口の賃貸会議室)

‘83年  7月:松戸駅西口に集会所を移転(賃貸会議室)。

‘94年  8月:新松戸に集会所として民家を購入。

‘03年12月:幸谷に現集会所を新築。



文中の引用聖句:


さて、サウロはステパノを殺すことに賛成していた。その日、エルサレムに在る召会に対して大迫害が起こった. そして、使徒たちのほかはみな、ユダヤとサマリヤの地方に散らされた。
 使徒行伝 8:1

さて、アンテオケの地に在る召会には、バルナバ、ニゲルと呼ばれるシメオン、クレネ人ルキオ、領主ヘロデの乳兄弟マナエン、サウロなどの、預言者たちと教える者たちがいた。
使徒行伝 13:1

コリントに在る神の召会へ、すなわち、キリスト・イエスの中で聖別され、召された聖徒たち、それと共に、わたしたちの主イエス・キリストの御名を至る所で呼び求めているすべての人へ. 彼は彼らのもの、またわたしたちのものです.   コリント人への第一の手紙 1:2

しかし、あなたがたはラビと呼ばれてはならない. あなたがたの先生はひとりであり、あなたがたはみな兄弟だからである. また、地上のだれをも、父と呼んではならない. あなたがたの父はひとりであり、それは天にいます方だからである。 また、教師と呼ばれてはならない. なぜなら、あなたがたの教師はひとりであり、それはキリストだからである。                      マタイによる福音書 23:8〜10


                  戻る   TOPへ